開発事例集

無線LAN用試験アンテナ

ご相談内容

広帯域で良好な電気特性が得られる小型軽量の計測用アンテナ

背景

アンテナ一体型無線設備が多くなり、基本波から高調波までの測定が可能な広帯域アンテナが必要になっています。この用途には、ダブルリッジホーンアンテナが一般的に用いられています。
しかし、ダブルリッジホーンアンテナは、イミュニティ用電波照射アンテナも兼ねているため、耐入力・形状・質量が大きく、また、3GHz以上では開口効率が極端に低下する問題があります。
そこで、これらの問題を解消でき、かつ、小型軽量の計測用アンテナが求められています。

課題

広帯域特性
小型軽量化
放射指向性の安定化

解決策

計測・測定支援に機能を絞り込むことにより、小型化
誘電体基板を用いてパターンニングで構成可能な梯型歯型(Trapezoidal tooth log-periodic antenna)の対数周期アンテナを採用することにより、さらなる小型化

成果

定インピーダンス、利得、放射指向性をはじめ、広帯域で良好な電気特性が得られました。
リッジホーンと比較し、開口面積比率約1/5に小型化、質量比も約1/5の小型化を達成できました。

担当者の声

ご相談内容から、小型軽量化が最優先と考え、対数周期アンテナを提案しました。
電磁界シミュレータを駆使し、高利得・指向性の安定化・機器の小型軽量化を達成しました。

対応事例一覧Case List

〒337-0011 埼玉県さいたま市見沼区宮ヶ谷塔4丁目72番地
TEL 048-685-1300 FAX 048-685-2301

ページトップへ