開発事例集

小型衛星搭載用アンテナ

ご相談内容

小型軽量の中利得アンテナと低仰角指向性アンテナの開発

背景

小型衛星に搭載するアンテナとして、高速データ通信を行う中利得アンテナ、衛星姿勢制御を簡略化する低仰角指向性アンテナが必要です。
中利得アンテナは、高速データ通信のため、単指向性、広帯域アンテナ特性、円偏波発生回路が求められます。また、低仰角指向性アンテナは、水平面内無指向性、ビーム成形、広帯域性が求められます。
衛星が小さいため、アンテナは小型軽量であることが要求されます。
また、ロケット発射時の振動、宇宙空間の環境(-40~80℃の温度、放射線)への耐久性も要求されます。

課題

振動、衝撃、温度、放射線への耐久性
小型軽量化

解決策

中利得アンテナは4素子Patchアレーにし、小型軽量化
低仰角アンテナはヘリカルアンテナ構造で天頂利得を抑え、仰角30°方向にピークを向けるビームを成形

成果

中利得アンテナは、□70mm×10mm(H)、質量約50gに小型軽量化できました。
低仰角指向性アンテナは、φ70mm×35mm(H)、質量約150gに小型軽量化し、また、仰角30°方向ピーク利得は約4dBiを達成しました。

担当者の声

低仰角指向性アンテナは、要求される電気的特性が特殊であるため、電磁界シミュレータを駆使して開発を行いました。宇宙に旅立つ衛星に取り付けられるアンテナということもあり、やりがいを大いに感じました。

対応事例一覧Case List

〒337-0011 埼玉県さいたま市見沼区宮ヶ谷塔4丁目72番地
TEL 048-685-1300 FAX 048-685-2301

ページトップへ