電波を利用した無線通信の発展と普及はめざましく、今や毎日の生活は無線技術によって支えられているといっても過言ではないでしょう。アンテナ技研は1965年の創立以来、その無線技術のキーテクノロジーであるアンテナ技術を中心に、業務用アンテナ・伝送機器の専門メーカーとして、主に無線通信・放送分野インフラ整備に大きな役割を果して参りました。変化が激しいこの業界で当社が40年以上も実績を重ねることができたのは、皆様のご支援によるものであり、深く感謝申し上げます。

当社は来るべきグローバルな競争を見据え、「開発型メーカー」として専門技術・経験を要する開発・設計・測定・調整業務に経営資源を集中し、製造工程の多くを受け持つパートナー会社とともに事業を展開しています。また一回だけ、一つだけの特注品のご相談、ご依頼も大切にしており、これらは当社の研究・開発志向の表れです。技術者が個性や発想を活かして思う存分最先端技術に取り組めるよう、設備・機器等の環境を充実させて新たな技術の修得とノウハウの蓄積に努め、社会の発展に貢献していきます。

また「企業活動を通して学問の発展に寄与する」を基本理念としてきた当社では、これまでも学会への参加を奨励してきました。電磁界・回路網を始めとする各種通信理論・技術に関する先人の偉業を受け継ぎ更に発展させるべく、今後はこれまで以上にアカデミア・研究機関との連携・交流を深め、より高い水準の研究・開発を目指していきます。

電子情報通信技術の高速化・高密度化・多様化に伴い、無線通信の役割もますます重要となり、アンテナ・伝送技術への期待も高まっています。私達は、無線通信という社会インフラの向上を図る分野で仕事ができる喜びを感じつつ、皆様のご期待に応え、電波のプロフェッショナルとして信頼を得られるよう精一杯の努力をしていきます。そして、最先端の技術をより早く製品・サービスとして実用化してお届けすること、またその技術をより多くの方にお使い頂けるようにしていくことで、より安全安心な便利で楽しい社会の実現に貢献していきます。今後とも深いご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

代表取締役 武田重喜